分科会のページ

アジア・パシフィックの劇場文化―越境する近代演劇 分科会

発起人: 藤岡阿由未 赤井朋子 蒔田裕美

研究目的と意義:

 演劇研究におけるポスト・コロニアリズムが提言されたのは、かなり前のことになります。この文脈での欧米の研究者による植民地圏を含むアジア・パシフィック演劇の再考察の貢献は目覚ましいものがあります。(Christophere Balme, Pacific Performances: Theatricality and Cross-Cultural Encounter in the South Seas, Palgrave Macmillan, 2007. D. Varney, P. Eckersall, C. Hudson, B. Hatley, Theatre and Performance in the Asia-Pacific: Regional Modernities in the Global Era, Palgrave Macmillan, 2013. Kevin Wetmore, Modern Asian Theatre and Performance 1900-2000, Bloomsbury Methuen Drama, 2014. など ) そして多くの場合、@欧米の覇権主義への抵抗/受容の文脈において、A欧米のNew Drama(新劇)の影響と各国の伝統演劇の変容が分析されています。
 しかしながら、@において、例えば加野彩子(Ayako Kano, Acting like a Woman in Modern Japan: Theater, Gender and Nationalism, Palgrave Macmillan, 2001.)が日本の覇権主義が演劇に与えた影響を指摘し、Siyuan Liu (Siyuan Liu, Performing Hybridity in Colonial-Modern China, Palgrave Macmillan, 2013.) が中国の近代演劇における欧米と日本の両者への文化的抵抗/受容の複雑さに言及したことは、これまでの欧米の覇権主義への抵抗/受容という関係性へ日本をも含めた再検討を促していると言えるでしょう。またAにおけるNew Dramaおよび伝統演劇中心の研究には、上海、東京、大阪、香港、シンガポール、ニュージーランド、オーストラリアなど各国の劇場で、英国の大衆演劇ミュージカル・コメディ、パントマイム、レヴューなども盛んに受容されたにもかかわらず(Christopher Balme, 'Maurice E. Bandmann and the Beginnings of a Global Theatre Trade', Journal of Global Theatre History, volume 1, number 1, 2016.)その受容の視点を欠いていることが多いと考えられます。
 そこで本分科会では、@Aの議論を補完するために、@アジア・パシフィック近代演劇における覇権主義の複雑さ、およびA英国近代の大衆演劇(『ロンドンの劇場文化―英国近代演劇史』英米文化学会編、朝日出版社、2015.)の受容を含めた各国の劇場文化に着目し、包括的な考察を目的とします。ポスト・コロニアルの言説がすでに自明となった今日において、日本の英米文化研究が、その研究対象を英国やアメリカ合衆国に限定せず、アジア・パシフィックの旧植民地の複雑な層へまなざしを向けることは重要ではないでしょうか。そして国ごとに区切られがちな研究を、アジア・パシフィックという領域の設定によって、トランスナショナルな視座へとひらくことも期待しています。

研究方法:
 上記の研究目的で述べた研究の範囲はたいへん広範に及びますが、網羅的な演劇の歴史をつぶさにたどることがここでの目的ではありません。本研究では、アジア・パシフィック各国の@Aに関連の深い劇場を取り上げ、20世紀前半(第二次大戦終了まで)における主要と考えられる上演研究を行います。すでに『ロンドンの劇場文化』(2015)で試みたように、劇場を演劇の創造拠点ととらえ、作り手と観客によって生まれた上演がいったいどのような意味を持ったのか、ここでもやはり劇場空間を切り口に探求していく予定です。演劇は観客を前にしてのみ成立し、観客は当然ながらその時代の各国の社会、政治、文化を構成しているから、上演研究は換言すれば、劇場空間に浸透する外の社会そのものを捉えようとする試みとも言えるでしょう。
(3月12日) 
その他の活動中の分科会
植物と英米文学 分科会
比較文学 分科会

活動を終了した分科会

発禁問題研究会
分科会
『英米文学にみる検閲と発禁』(英米文化学会 編)を2016年7月27日に彩流社から刊行し、分科会活動を終了しました。
(以下、分科会代表者で著者の市川仁先生から本書の紹介文を頂きました)
 本書は、英国と米国における検閲の問題を、いわゆる文学と猥褻という問題に限定することなく、政治的・社会道徳的観点から論じたものです。検閲の歴史を概観し、猥褻書籍取り締まりのための法律の成立過程を追い、その上で、文学を中心にそれぞれの時代背景を絡めながら論を展開するという形をとった、これまであまり見られなかった構成となっています。
(2016年8月1日)

イギリス近代演劇と劇場 分科会

『ロンドンの劇場文化―英国近代演劇史』(藤岡 阿由未 監修 門野泉、藤野早苗、赤井朋子、蒔田裕美、西尾洋子 著)を2015年5月30日に朝日出版社から刊行し、分科会活動を終了しました。
(以下、分科会代表者で監修者・著者の藤岡阿由未先生から本書の紹介文を頂きました)
 本書は、ロンドンの演劇へ新しい角度からアプローチしています。それは劇場という構造物から、演劇という時間とともに消えゆくものに焦点をあてることです。19世紀末から20世紀初頭のロンドンの演劇文化を炙り出そうとする本書は、これまであまり光が当たらなかった領域を開拓する演劇研究であると同時に、過去の劇場へタイムトリップする誘いでもあります。
(2015年5月24日)
 

分科会に関する問い合わせ先:
分科会担当理事 内田 均 HitoshiUchida(at)SES-online.jp


ホームページTOPへ戻る